家賃が高い賃貸住宅での困りごと

築15年の賃貸マンションには困っている点がいくつかありますが、工夫して快適に生活できるようにしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Hot Entry
家賃が高い賃貸住宅での困りごと

賃貸である現在の住まいのお困りごとについて

私たち家族は現在、約築15年の賃貸マンションに住んでいます。私たち夫婦の職場に近く、娘たちの小学校や幼稚園にも近いため立地的にはとても満足していますが、やはり築15年ということで状態はそれなりです。ですので困っている点がいくつかあります。

まず冬になると窓からの冷気を強く感じます。入っている窓ガラスはペアグラスではなく一枚のガラスで、断熱効果はあまり期待できません。できれば窓枠から全て交換したいほどですが、賃貸ですのでそういうわけにもいきません。できるだけ室内を暖かく保つために、自分たちで窓ガラスに透明の断熱シートを貼ってなんとか対策しています。また風呂場のカビにも悩まされています。タイルの目地に生えているカビがしつこく、専用の洗剤を使っても消えません。15年も経つと風呂場のユニットも古びた感じになってしまい、やはり新しいものとは差がついてしまいます。特に水まわりは清潔に保ちたいですし、新しいものと交換してほしいところです。

決められた予算の中で賃貸物件を選ぶとき、私たちにとっての最優先事項は立地条件であったため、マンションの状態については譲歩せざるを得ませんでした。ですがなんとか工夫して快適に生活できるように努力しています。

その他のオススメ記事

おすすめ情報

Copyright (C)2018家賃が高い賃貸住宅での困りごと.All rights reserved.